アレグラの副作用と飲み合わせについて解説

NO IMAGE

アレグラの軽い副作用と重い副作用

アレグラは、花粉症をはじめとするアレルギー症状の緩和に役立つ人気の薬ですが、副作用が出る可能性もあるので注意しましょう。

症状が出やすい部位の1つが皮膚です。発疹やかゆみ、じんましん、まぶたや口唇などの腫れが出る場合があります。

頭痛や倦怠感、めまい、睡眠障害など、精神神経系の関係する症状が起こることもあります。消化器系の症状として挙げられるのは、吐き気や嘔吐、腹痛、消化不良などです。頻尿や排尿困難など、泌尿器系に副作用が生じる場合もあります。

他にも、味覚異常、胸痛、呼吸困難、血圧上昇、月経異常なども挙げられす。

これらの副作用は、比較的程度が軽いものです。稀にではありますが、アナフィラキシーショックが起こる可能性があります。アナフィラキシーショックは、皮膚のかゆみや息苦しさ、動悸、意識の混濁など、重い症状を引き起こします。他にも、黄疸、褐色尿、全身のだるさが生じる肝機能障害など、重篤な症状が出る可能性があります。

アレグラは他の薬との飲み合わせにも注意!

アレグラを服用する際は、副作用だけでなく、他の薬との飲み合わせにも注意しましょう。

薬の添付文書には、使用上の注意として、一緒に飲んではいけない薬が記載されています。

飲み合わせに注意するべき医薬品として代表的なのが、アレグラと同じ働きをもったアレルギー用薬です。

アレグラの主成分は、抗ヒスタミン剤であるフェキソフェナジン塩酸塩です。多くのアレルギー用薬には、それと同じものが入っています。これらの薬を一緒に飲むと、有効成分が強く働きすぎてしまい、副作用が起こる原因となります。

かぜ薬や乗り物酔いの薬にも、抗ヒスタミン剤が含まれているものがあります。一緒に飲まないように注意しましょう。

水酸化アルミニウムや炭酸水素ナトリウムをを含む制酸剤も、飲み合わせに注意しなければならない薬です。これらの薬と一緒に飲むことで、アレグラの効果が阻害される恐れがあります。

また、エリスロマイシンという抗生物質も、アレグラとの飲み合わせに注意が必要です。エリスロマイシンとアレグラを一緒に飲むと、アレグラの副作用が強くなる可能性があります。