花粉症治療薬はアレグラの他にも様々な種類がある

NO IMAGE

主流はアレグラ!花粉症を治すなら病院で処方してもらうのが確実

アレグラなどの抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの作用を弱めることで、アレルギー反応を抑えて症状を和らげる効果があります。水と一緒に飲む錠剤タイプが主流ですが、水なしで飲めるものもあります。

抗ヒスタミン薬は数種類あり、市販で手に入るものあります。病院で原因を特定してもらい、薬を処方してもらうのが一番安全です。原因がすでにわかっているなら、市販薬を使うとよいでしょう。

抗ヒスタミン薬の効果は個人差が大きいとされています。もし薬を飲んでも効果がなかったり、体質に合わないと感じたりしたら、医師に相談するとよいでしょう。自己判断で薬を選ぶよりも、専門の医師に診てもらうのが確実です。

血液検査を受ければ、花粉症の原因物質も特定でき、生活上、気をつけるべきこともわかります。

アレグラ以外の花粉症治療薬

アレグラは花粉症治療薬の中でもメジャーな薬です。病院で処方されるものと同じ成分が含まれており、ドラッグストアで買うことができます。

抗ヒスタミン薬には様々な種類がありますが、飲みやすさで選ばれることが多いです。アレグラは朝と夜に1錠ずつ飲めば、効果が24時間続きます。眠くなりにくいので、仕事などで集中しなければいけない人でも安心して使えます。

アレジオンも代表的な薬です。1日1錠飲めばいいので、アレグラよりも飲み忘れの心配がありません。一方、アレグラに比べて、眠くなりやすいというデメリットがあります。

アレジオンよりも効果が高く、眠気が起こりにくいのがクラリチンEXです。効果が強いため、薬剤師に処方してもらう必要があります。クラリチンEXをドラッグストアで購入する場合、薬剤師が在籍している時間帯に行く必要があります。

花粉症の治療薬は様々な種類があるので、自分の生活や体質に合ったものを選びましょう。