花粉症の治療にはアレグラ

NO IMAGE

アレグラは長期間飲み続ける必要がある

多くの人が花粉症に悩んでいます。花粉症の治療法は、大きく分けて、レーザー機器を使った手術療法と、薬を使った薬物療法の2種類です。

症状が重い場合は手術が行われます。手術といっても入院する必要はなく、手軽に受けることができます。

一方、薬物療法は効果が出るまで数年かかるため、根気強さが必要です。

花粉症の治療薬は、アレグラという薬がよく使われます。アレグラは市販されているだけでなく、病院でも処方されています。アレグラで花粉症を治療する場合、長い期間使い続けることになるので、病院で処方を受けたほうが経済的です。

花粉症の治療をしても、数年後に再発してしまう場合もあります。手術療法のほうが、再発する可能性が高いとされています。また、薬物療法も、薬を飲み続けているうちに症状がなくなったと思ったら、しばらくしてまた発症する、ということがあります。

花粉症を完治させるには、アレルギー体質を改善しなければいけません。手術や薬だけでなく、食生活の見直しや、規則正しい生活、ストレスの発散を心がけ、日常生活を改善することも大切です。

アレグラは花粉が飛ぶ1ヶ月前から飲みはじめる!

アレグラは、基本的に花粉症の季節になる前、症状が出ていない時期から飲み始めます。

花粉が飛散している間は1日2回、朝と夕に1錠ずつ、毎日飲みます。花粉の飛散が収まるまで、およそ1ヶ月は飲み続けましょう。そうすれば、くしゃみや鼻水、咳といった症状が緩和されます。

アレグラは、継続して飲み続けることで効果が持続します。1週間飲んでも症状が改善されない場合や、2週以上飲み続ける場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

アレグラを飲んで症状が和らいだからといって、服用を途中で止めてはいけません。少なくとも花粉の飛散時期が終わるまでは飲み続けましょう。

季節性の花粉症の場合は短くても1ヶ月間飲みましょう。症状がぶり返すのが心配な人は、花粉が飛散する1ヶ月前から、3ヶ月間飲み続けるとよいでしょう。通年性のアレルギーがある人は、年間を通して飲み続ける必要があります。