花粉症はなぜ起こる?アレグラで症状を抑える!

花粉症は免疫が過剰に反応して起こる

日本人の多くが、花粉症に悩まされています。近年、飛散する花粉の量は増えており、子供の患者も多くなっています。

花粉症の基礎知識やメカニズムを知り、早めに治療を行えば、早い回復が期待できるでしょう。

花粉症とは、体内に入ってきた花粉に対して、身体が過剰に反応してしまう症状です。身体は、花粉を異物と認識して抗体をつくり、再び侵入してきた花粉を排除します。このような働きは免疫反応と呼ばれます。免疫反応は、本来は身体を守るために起こるものですが、過剰に起こることで生活に支障がでてしまいます。

免疫反応が強すぎて、身体に起こる悪影響がアレルギー症状です。花粉症になるとアレルギー症状として、くしゃみや鼻水、涙が出るようになります。スギやヒノキ以外の花粉によって起こる花粉症だと、皮膚が荒れたり、口の中が腫れたりします。

花粉が身体に入ってもすぐ花粉症になるわけではありません。また、アレルギーの素因がない人は、花粉症の症状は出ません。

アレルギーの素因を持っている人は、花粉が身体に入ることで抗体が作られます。花粉を浴び続けると免疫が増え、免疫反応が強くなります。その結果、さまざまな症状があらわれるのです。

花粉症になったら、「アレグラ」などの治療薬を使えば、症状が抑えられます。

人によって症状は異なるので、医師の診察を受け、適切な処置を受けるのがよいでしょう。

花粉症の症状が出たら薬で対処

花粉症でとくに辛いのが、目と鼻の症状です。鼻の粘膜に花粉が付くと、花粉を排除するために免疫反応が起こります。

花粉症患者の多くが悩まされているのが、くしゃみや鼻水、鼻づまりです。くしゃみは連続して起こり、回数が多いのが特徴です。鼻水は、鼻の粘膜についた花粉を取り除くために起こります。

花粉が目についた場合も免疫反応が起こり、充血や目のかゆみが生じます。目の粘膜にある細胞が花粉と接触すると、ヒスタミンという物質が放出されます。

ヒスタミンが血管や神経に刺激を与えるため、上述の症状が起こるのです。目のかゆみも花粉症の代表的な症状です。かゆいからといって、こすったり強く掻いたりすると、角膜や結膜を傷つけてしまうので気をつけましょう。

これらの症状がでたら早めに治療を受けることが大切です。花粉症の治療にはさまざまな方法があります。

花粉症の治療に使う薬として、よく知られているのが「アレグラ」です。アレグラは、アレルギー性鼻炎による鼻水やくしゃみ、鼻づまりを抑える効果があります。また、花粉による皮膚炎にも有効です。

アレグラの服用方法

アレグラは、花粉によって起こるくしゃみや鼻水、鼻づまり、肌のかゆみといった、アレルギー症状を抑える薬です。「ヒスタミン受容体拮抗作用」や「ケミカルメディエーター遊離抑制作用」をもちます。

用量は原則として、成人および12歳以上の小児は1回60mg、7歳以上11歳以下の小児は1回30mgです。用量は治療を受ける疾患や症状によって変わるため、医師の指示に従って使う必要があります。

服用方法は1日2回で、朝と晩に服用します。飲み忘れた場合は、気づいたときにできるだけ早く1回分を服用します。次に飲むタイミングが近い場合は、1回分を飛ばして、次の時間に1回分を服用します、1度飲み忘れたからといって、2回分を1度に飲んではいけません。

アレグラは安全性が確認されている医薬品ですが、副作用として頭痛やめまい、吐き気、腹痛、胃痛、蕁麻疹がでる場合があります。また、眠気が生じることもあるため、運転の前などは服用を避けましょう。

ごく稀に、呼吸困難や血圧低下、意識喪失、全身倦怠、アナフィラキシーショックが起こることも報告されています。気になる症状があらわれたら、すぐに医師や薬剤師に相談してください。

アレグラはドラッグストアで買える薬

アレグラはもともと、医師の処方箋が必要な薬でした。しかし、2012年に薬事法(現在の薬機法)が改正されたことで、第一類医薬品に分類され、一般的なドラッグストアやオンライン通販サイトでも購入できるようになりました。

価格は、処方箋の場合、60mg1錠がおよそ65円です。成分と効果が同じで、他のメーカーが後発で製造販売しているジェネリック医薬品の場合、19円から35円程度です。

一方、アレグラの市販品の1つであるアレグラFXは、実売価格が60mgが14錠入りでおよそ1300円、28錠入が1880円です。1錠あたりに換算すると、14錠入りが92円、28錠入りは67円程度となります。

28錠入りを買えば、医師の処方を受けた場合と大きく変わりません。ただし、病院で処方を受ける場合、薬代だけでなく、診察料も加算されます。アレグラのジェネリック医薬品の処方を積極的に行っている病院で診察を受ければ、安全かつ費用も抑えられるでしょう。

市販品は、ジェネリック医薬品の処方を受けるよりも割高ですが、ドラッグストアやネット通販で買えるという利点があります。忙しくて病院に行けない人におすすめです。