menu
閉じる
  1. 高血圧治療薬にはノルバスクが使われています
  2. 高血圧症が引き起こしてしまう合併症について
  3. 高血圧の原因について紹介
閉じる

カテゴリー:薬情報

バルサルタンはアンジオテンシンIIという血圧を上げる物質を抑えてくれます。これによって、血管が広がり水分や電解質が調整されるので血圧が下がります。高血圧症の治療に使われることが多いです。心臓病や腎臓病にも効果があるとされています。…

メインテートは心臓を休ませることで血圧を下げる薬です。心臓には血液を送り出す働きがありますが、そこに作用するメインテートを使用することで狭心症や不整脈、高血圧症などに効果を発揮します。拍動を抑制することが出来る薬です。本来は心不…

生活習慣病の一つに高血圧というものがあります。血圧というのは、血流量と全身の血管抵抗に比例しています。これは小学校で習った電圧を求める式、オームの法則と全く同じ原理です。このうち、全身の血管抵抗というのは、主に動脈硬化の程度によって…

ミカルディスはARBとも略されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬というグループに属し、人体の血圧上昇システムであるRAA系の働きを途中で阻害して降圧する高血圧治療薬です。オルメテックもミカルディスと同様の作用で血圧を下げる薬で、ARB系…

高血圧を抑える効果が抜群に高いと医師や患者からの評判が良くなっているのがノルバスクです。アムロジピンベジル酸塩という成分が高血圧を抑える効果があるという薬で、カルシウム拮抗剤に分類されています。成人の方で2.5mgから5mgを服用す…

カテゴリー
ページ上部へ戻る