menu
閉じる
  1. 高血圧の原因について紹介
  2. 高血圧治療薬にはノルバスクが使われています
  3. 高血圧症が引き起こしてしまう合併症について
閉じる

ミカルディスやオルメテックも血圧改善に有効

ミカルディスはARBとも略されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬というグループに属し、人体の血圧上昇システムであるRAA系の働きを途中で阻害して降圧する高血圧治療薬です。
オルメテックもミカルディスと同様の作用で血圧を下げる薬で、ARB系統の中で最も強力な降圧作用を持つと言われます。
ARBは血圧を下げる効能のほか高血圧の影響で心臓や腎臓が機能低下を起こすのを防ぐ臓器保護作用も備えた薬です。

ミカルディスやオルメテックのほかARBの薬にはディオバンもあり、血圧改善作用はミカルディスなどと同様ですが、ディオバンはARBの中でも価格が低めで6歳以上の子どもも服用できるという特徴を持っています。
降圧剤は基本的に病院で診察を受けて処方せんを出してもらわなければ購入できない医薬品ですが、現在では個人輸入の通販ショップで処方せん無しでもお得にまとめ買いできるようになっており、普段ARBの薬を服用している人が薬が無くなりそうになっても病院へ行けない事情がある時などに重宝されています。

ミカルディス等が属するARB以外の降圧剤ではACE阻害薬という系統もあり、ARBと同じくRAA系の働きを阻害して血圧改善を行いますが空咳の副作用があるため、ARBはそのデメリットを解消する薬として登場しました。
このほかアダラートという薬で知られるカルシウム拮抗薬はカルシウムイオンが血管に流入して収縮するのを妨げて血管を緩め、降圧を行います。
ベータブロッカーとも呼ばれるβ遮断薬のグループは、心臓の拍動を促す神経伝達物質が受容体に届くのを遮断して血圧が上がるのを防ぎます。
このほか利尿剤もありますが、高血圧治療の第一選択薬はカルシウム拮抗薬とされています。

ARBはカルシウム拮抗薬の次に処方されやすい薬で、ミカルディスもオルメテックも比較的副作用が少なく血圧改善に優れた効果を発揮するほか臓器保護作用という大きなメリットもあり、長期にわたって服用する高血圧治療の薬として適しています。
薬の作用時間が長く1日1回の服用で24時間効き目が持続する点も重宝で、広く処方されている降圧剤です。

病院処方で使った医薬品は通販で購入も可能です

ミカルディスやオルメテック、ディオバンなどARBグループの降圧剤やACE阻害薬、アダラートのようなカルシウム拮抗薬やベータブロッカーことβ遮断薬など血圧改善に効果を発揮する降圧剤は、いずれも病院で診察や検査を受けて高血圧症という診断を受けたのち、医師から処方せんを出してもらって購入可能となる医薬品です。
降圧剤の中には心臓の働きに直接作用するタイプもあるため市販薬としての降圧剤は存在せず、基本的に医師の処方を受けなければ入手できませんが、現在では処方せん無しで購入できる通販ショップが存在します。

ミカルディスなどのARBをはじめ、どの系統の降圧剤も処方せん無しで購入できる通販ショップは、個人輸入代行という形式で海外の医薬品を自宅に居ながらにして入手可能になっています。
個人輸入といっても一般的な日本の通販ショップ同様に商品ページの解説や注意書きは日本語で記載され、注文から決済までの流れも他の商品を購入するのとほとんど変わりません。
ミカルディスやオルメテックと同じ作用を持つジェネリック医薬品の購入も可能なため、効果の高い降圧剤がお得価格で購入出来ます。

個人輸入ショップの中にはまとめ買いで割引や送料無料になるところもあり、ふだん服用している降圧剤をお得に購入してストックしておくことも可能です。
毎日必ず服用すべき降圧剤が無くなりそうになっても事情があってすぐに病院に行けない時などにも大変重宝で、処方せん無しでいつでも購入できるという安心感もあります。
日ごろ服用中の薬とまったく同じ種類を購入し用法用量を守って飲んでいれば問題は無いと考えられますが、通販ページの注意事項を熟読して他の薬との飲み合わせや注意すべき食材などを改めてチェックしておくことで、さらに安心感が高まります。

おすすめ記事

  1. 高血圧治療薬にはノルバスクが使われています
  2. 高血圧症が引き起こしてしまう合併症について
  3. 高血圧の原因について紹介
カテゴリー
ページ上部へ戻る