menu
閉じる
  1. 高血圧症が引き起こしてしまう合併症について
  2. 高血圧治療薬にはノルバスクが使われています
  3. 高血圧の原因について紹介
閉じる

バルサルタンの効果と副作用について

バルサルタンはアンジオテンシンIIという血圧を上げる物質を抑えてくれます。
これによって、血管が広がり水分や電解質が調整されるので血圧が下がります。
高血圧症の治療に使われることが多いです。心臓病や腎臓病にも効果があるとされています。
新しいタイプの降圧薬でアンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれています。

主な副作用は体のだるさやめまい、頭痛などです。
これらの副作用はしばらくすると慣れてくるので心配する必要はありません。
効果が強すぎると血圧が下がりすぎて立ちくらみを起こす場合があります。ひどい場合は早めに医師に相談しましょう。
腎臓の悪い人が服用すると飲み始めた頃に一時的に腎機能が悪化する場合があるので注意が必要です。高カリウム血症にも気を付けましょう。
ごく稀に重い副作用も報告されているので、何か気になる症状がある場合はすぐ医師に相談してください。
飲み合わせや食べ合わせにも注意が必要なので事前に確認しておきましょう。

服用方法は成人の場合、バルサルタンとして40mgから80mgを1日1回服用します。
年齢や症状によって1日160mgまで増やすことが可能です。
6歳以上の小児で体重が35kg未満の場合はバルサルタンとして20mgを1日1回服用します。
体重が35kg以上の場合は40mgを1日1回服用します。

年齢や体重、症状によって量は変わりますが、体重が35kg未満の場合1日40mgまでしか増やせません。
医師の指示に従って正しく服用することが大切です。服用する時は少量から始めてゆっくり血圧を下げていく場合が多いです。
血圧が下がるまでには1週間から2週間はかかるかもしれません。

バルサルタンなどの医薬品は通販サイトで簡単に購入できます。
ですが、偽物を販売しているところもあるので通販サイトの選び方には注意が必要です。
いろいろな通販サイトの口コミを調べて比較することが大切です。偽物を購入しないためにも安全性の高いところで購入しましょう。

糖尿病と腎臓における関係

糖尿病は高血圧を介し、腎臓の病気と深い関係を持っています。
糖尿病患者の約半数近くが高血圧を持ち、糖尿病になると高血圧のリスクは2倍以上になるといわれるなど、糖尿病と高血圧は関係が強いことがわかります。

糖尿病の人が高血圧になりやすいのにはいくつかの理由があります。
血糖値が高くなると血管内の血液量が増えることがその理由のひとつです。
高血糖の状態は血液の浸透力が強くなるため、細胞から水分が出やすくなる、腎臓に入った血液の水分吸収量が増えるなどにより血液量が増加、血圧の上昇へとつながります。
また糖尿病によりインスリンが大量に分泌されると、腎臓での塩分の排出がうまくいかなくなる、交感神経が緊張し続ける、などの作用が起き血液量が増加し、高血圧へとつながります。

高血圧は腎臓に大きな負担を与えます。
高血圧の状態が続くと、体の血管は徐々に硬くなる「動脈硬化」が進んでいく。
動脈硬化が進む血管ではその内側で頻繁に炎症が発生しコブができるため、少しずつ血液の通り道が狭くなっていきます。
この血管の不全は腎臓の血管にも生じ、腎臓の血管は特に細いため、硬化によりますます狭くなった血管の血液量は大きく下がり、十分な働きができなくなってしまいます。
このような状態を「腎硬化症」と呼びます。腎硬化症は高血圧だけでなく、加齢によっても起き、この2つの要因によって病気は進行していきます。

糖尿病は高血圧を併発しやすく、高血圧は腎臓の病気を引き起こす。
また糖尿病自体も動脈硬化を引き起こし腎臓の血管にも負担をかける病気です。
このように糖尿病は腎臓の働きに大きな影響を与えるという深い関係をもっています。
腎臓の働きを保つためにも糖尿病や高血圧の治療をしっかりと行うことが大切です。

高血圧や糖尿病の治療には、生活習慣の見直しや治療薬を正しく服用していくことが大事です。
現在ではネット通販などを利用し、降圧剤(バルサルタンなど)のような医薬品の購入も可能ですので手間を避けるのに使用するのも一つの方法でしょう。
また服用方法を正しく守らなくては、効果が期待できないだけでなく、予期しない副作用がでることもあるため気を付けましょう。
バルサルタンのような降圧剤には一緒に服用すると危険な併用禁忌薬もあり、事前に十分確認しておくことも大事です。

おすすめ記事

  1. 高血圧治療薬にはノルバスクが使われています
  2. 高血圧症が引き起こしてしまう合併症について
  3. 高血圧の原因について紹介
カテゴリー
ページ上部へ戻る